「へそくり」は財産分与の対象?

誰もが幸せな家庭を築くことを夢に抱き結婚をします。
今の夫婦は共働きをしている夫婦が多く、2人でお金を貯金している夫婦も少なくありません。
幸せな結婚生活が続けば順調な家庭を築くことができますが残念ながら結婚生活が続かない夫婦もいます。
そのときは離婚することになりますが離婚するときに問題になってくるのが財産分与です。
結婚してから2人で貯めた貯金は財産分与の対象となり夫婦で折半することが通常です。
財産は2人で貯めたものという認識になり、不公平がないように折半します。
また共働きで貯めた貯金以外にあるのがへそくりです。
男性にも女性にもそれぞれ自分のお小遣いから貯める人もいます。
これは財産分与の対象になるのかという疑問を持つ夫婦も少なくありません。
結論としては結婚してから貯めたものであれば財産分与の対象となってしまいます。
自分で一生懸命貯めたとしても夫婦のお金とみなされてしまいます。
それだけ夫婦という関係はとても強いものということがいえます。
離婚をしてからの生活費として貯めている人も少なくありませんが、残念ながらこれも財産分与の対象となってしまうのです。
一番は離婚をせずに円満な結婚生活を続けていくことです。

コメントは受け付けていません。