離婚後も財産分与の請求は可能

婚姻中に夫婦で築き上げた財産は、夫婦共有のものです。仮に配偶者が専業主婦(主夫)であったとしても、内助の功なしに財産を築きあげることはできなかったはずですから、離婚の際には財産を公平に分配することが法律によっても認められています。
離婚時に財産の配分を決めておくことは非常に大切な作業です。しかし離婚時には決めなけらばいけないことも多く、感情的にも難しい状態になっていることから、ついつい手続きを急いでしまい、細かな詰めの作業を怠ってしまうこともよくあります。その結果として、本来なら手にするはずだった財産を失ってしまう可能性がでてしまうのです。
このように、財産分与が公平におこなわれていない場合には、離婚後でも財産分与を請求することができます。基本的に財産分与は離婚と同時に定めておくのが原則ですが、新たな財産が発覚した場合などに備え、離婚した後でも財産分与を請求することが可能になっているのです。ただしこの請求に関しては期限が設けられています。民法の定めによって、離婚してから2年間以内と決められており、この期間を経過すると権利を失ってしまうのです。いずれにせよ、離婚してしまえば連絡をとることも難しく、財産も散逸してしまうことが予想されることから、財産分与に関しては離婚時にしっかり取り決めを交わしておくことが重要です。

コメントは受け付けていません。