離婚に際して財産を隠そうとしている場合の対処法について

離婚の時には婚姻中夫婦で築いた財産を分けます。婚姻前からしていた預貯金などは分ける対象にはなりませんが、結婚してから建てた家や預貯金などは分与の対象になります。この場合たとえ家が夫名義のものであったとしても、妻にも寄与分が認められるので対象になります。分ける対象は現金、預金、不動産、家財道具、車などの他に生命保険金やゴルフ会員権、相手に内緒でしていたへそくりなどがあります。また結婚生活のためにした借金も対象になります。
どのように分けるか夫婦の話し合いで決まらない場合には、家庭裁判所に調停を申し立て、調停が不成立に終わった場合は審判になります。
離婚に際して自分の所有している現金などを隠そうとしたり不動産を勝手に処分する可能性がある場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、手続きが終わるまでの間処分を禁止する仮処分を申し立てておくと良いでしょう。また家庭裁判所に審判を申し立てた後に、審判前の保全処分を申し立てます。申し立てる際には保全処分を出す緊急性、必要性があることを証明しなくてはいけません。命じられる処分としては給与や預貯金などの仮差押え、不動産などの処分禁止、名義書換などの禁止などがあり、相手が勝手に隠す事がないようにする事ができます。

コメントは受け付けていません。