住居を購入する際、配偶者の両親に出してもらった頭金は財産分与の対象になる?

財産分与とは婚姻中に夫婦で築き上げてきた財産を夫婦で分け合う行為でして相手方の名義とかは関係なく分け合います。

それで住居は財産分与の対象で、それを購入するのに借りた住宅ローンも財産分与の対象です。それで住居を分ける時に住居の価値から住宅ローンの残額を引きます。それでプラスになるならばプラスの分を分け合い、マイナスになるならマイナスの分を分け合います。

この時財産分与の対象外として、婚姻前からの財産と婚姻中に贈与または相続で受け取った財産は分与の対象外ですから、住居を購入する際、配偶者の両親に出してもらった頭金は配偶者への贈与になるjから、財産分与の対象外になります。だからその贈与分を住居から引いて、財産分与の計算をしなければならないです。

この場合夫婦として受け取ったから、夫婦の財産として財産分与の対象になるという意見も有りますが、配偶者の両親は配偶者の為に住居を購入の為にと配偶者に贈与をしている以上、結婚祝いとかそういうレベルじゃないから、明らかに贈与として財産分与の対象外になります。

どっちにしろ婚姻中に夫婦で築き上げた財産ではないのだから、明らかに財産分与の対象外として納得するしかないです。

コメントは受け付けていません。